【ピラミッドの秘密】横から見るか上からみるか、下から見るか!

なぜ造られた?どうやって造られた?何で造られた?ホットスポットはなぜある?建設したひとは誰だ?ギザの頂上はなぜ失われた?なぜ文明が崩壊した?ピラミッドの用途はなんだったのか?

なぜを見ていくと、頭の中が{?}の嵐になる。

一方、隠されたロマンに終止符をうちたく期待をくらませ情報を追い求める。

はっきり言うが、そんなロマンや秘密を解き明かしても、あなたの生活が変わるわけはないであろう。

しかし、知的好奇心からの行動になり新たな視点が生まれれ無限に広がる想像からあらたなピラミッドの創造が可能になる確率は増えるだろう。

この記事では、少し変わった「横から見るか上からみるか、下から見るか」の新たな視点でピラミッドの秘密に触れていこう。

1.ピラミッドの秘密

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

なぜ造られた?どうやって造られた?何で造られた?ホットスポットはなぜある?建設したひとは誰だ?ギザの頂上はなぜ失われた?なぜ文明が崩壊した?ピラミッドの用途はなんだったのか?

このような、時間と空間の問題は、研究が進みある程度明るみになっている。

信憑性は、専門家の考古学者の発言やスポンサーにより提言がずれるものの。おおよその筋は信頼に与いするだろう。

重量軽減の間があり、さらにピラミッドがある。

フラクタル構造である。

墓というよりも何かの実験施設にしか思えない。

原子力施設のように、重力軽減による文明発展をしていたのかもしれない。

そしたら、石も簡単に運べる。

ワタシ達の常識ではない技術であるため、秘密に興味をそそらえる。

この技術をわれものにするために、情報は極力ふせ、膨大なお金をかけ権力争いを人類がしているのもまた秘密であろう。

当時も似たようなもので、最強のピラミッドを造るために争ったのだろう。

ピラミッドの秘密も人類の見にくい利権争いに触れざる終えないのが一番かもしれない。

そこで大切なのが、横から見るか上からみるか、下から見るか!である。

上から見ると、波紋のような曼荼羅になっている。

2.ピラミッドの秘密は人類の秘密

人類は、あまりにもピラミッドを横からみてしまう。

これは社会の構造も同じだ。

自分がいて、親がいて、先生がいて、校長先生がいて、上司がいて、部長がいて、社長がいて、国会議員がいて、総理がいて、大統領がいて、大統領を操るバンカーがいて、そのバンカーが一つのところに資本を通じ集まっている仕組み、システムに属している。

下から上にという教育が浸透しており、「誰かにとって良い子ちゃん」を演じ、言うことを聞き、頂点を讃え崇めている。

まさに、横からみたピラミッドこそが、企業であり政治であり人類である。

これだけが、ピラミッドなのだろうか。

曼荼羅をみてみよう。すると、社長も私の中の一つであり、一部でしかない。

そして、上から見るとオリオン星の形をなすよう配置されている。

つまり、人類に対しての系譜がピラミッドである。横から見ていると、ピラミッドのように文明が崩壊し砂漠化して生命が発展しないという現れそのものである。

それ以上の秘密は無いのである。

難しく考え理屈を捏ねるあまりに、シンプルな答えを忘れているのである。

そうやって、新たな視点が生まれて行動すれば人類はまだまだ生成発展してくのである。

以上最後まで読んでいただきありがとうございます。

このサイトは、人生の生き方・働き方を模索する人のためのWebです。月間1万 pv。運営者は愛知県に住むブロガー・畑仕事・アドバイザー。

→もっと見る

Follow
Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました